TNR手術

結猫の活動ではないですが、先日、南郷どうぶつ病院としては、初めてTNR活動を目的とした避妊手術を行いました。
トラップ(罠)に入った状態で来院するのですが、なんか最初から耳切れてるし、大丈夫かな・・・。という感じでした。
ただ、耳は右耳が切れてるし(去勢雄の証)、一応、保護主さんは雌だと思うということでしたので、麻酔をかけると、雌でしたし、避妊手術も無事終了しました。


雌猫なので、左耳をカットして終了です。

今回、保護主さんは「しっぽの会」さんの補助金制度を利用されたみたいです。

TNR活動を目的とした、去勢・避妊手術は受付ない動物病院も多いようです。
(おそらく、理由は♂♀もわからないこと、荒い猫が多いこと、などが理由だと思います。)
正直、自分自身、耳を切ることに抵抗があって、結猫活動前は、断っていました。
ただ、結猫の活動を通して、猫自身が人に飼われることを拒絶する個体が一定数いることも知りましたし(そういった猫は外で暮らすしかないですし、殺処分の対象にもなってしまう。殺処分を逃れても、そのまま外で暮らせば、子猫が産まれ、不幸な猫が増えるという負の連鎖になってしまう。避妊手術を行えば、とりあえず、負の連鎖は止められる。)、耳切除は双眼鏡でもあれば、去勢・避妊済かどうか確認できますが、マイクロチップでの確認はおとなしい子でなければ(ほとんどおとなしくないとは思いますが)、麻酔下での確認となるので、現実的には耳切除TNR猫になってしまうのは仕方ないかもしれません。

今回、初めて耳を切ってみたのですが幸い猫自身痛がってる様子もなかったです。

しっぽの会」さんの補助金は、耳切除かマイクロチップの選択制でした。

しばらくは、ある程度人に慣れている猫ではマイクロチップ(ほとんどいないかな…。)、
荒い猫は耳切除という対応がベストな感じです。



ナナハチクウテンも引き続き里親様募集中です。

興味のある方は、南郷どうぶつ病院に連絡してください。診察日、診察時間内にお願いします。




結猫(ゆいねこ)札幌 では、以下のボランティアさんを募集しています。

一時預かりボランティア(特に月曜日)

募金箱おいてもらえるお店紹介ボランティア

募金箱制作ボランティア(DIY得意な方)

SNS拡散ボランティア(あなたのアカウントで里親情報を広めてください。)

     

☆他の多くの猫保護団体と同様、保護猫の譲渡時に、餌代や医療費の一部を寄付金という形で頂くことになります。

☆結猫札幌は多数飼育を目的とした譲渡はしておりません。ご了承ください。





この記事へのコメント